( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【入門編】今日から始めるデータ分析

編集長
編集長

実は私は文系・営業出身です!

こんにちは

今回はデータ分析【入門編】の第1回目

そもそも「データ分析とは何か?」というのを、

具体例を交えながらご説明します

普段、データ分析を仕事にしている私ですが、実は初めは営業をしていました

そこからデータ分析の部署へ移動になり、独学で学んで今に至ります

そこで得た知識・スキルをわかりやすく解説します

ビジネスパーソンだけでなく、ぜひ主婦や学生の皆さんにも使ってほしい!

そのレベルでご説明します!

前提:世の中にはデータであふれている

みなさんスマホは持っていますか?

パソコンを使って調べものしたりしていませんか?

インターネットが普及し、スマホを使って容易にアクセスができるようになった現代

あらゆる物がデータ化されるようになりました

  • 店舗の売上
  • 検索の履歴
  • 家計簿
  • 学校のテストの点数

ほとんどの企業が自社でデータを貯めています

そしてIT企業はそれを効率的に活用し、ビジネスを成長させています

「ビッグデータ」

何て言葉は聞いてことありますよね?

これはまさにデータ分析の元となるデータ群のこと

「AI」「機械学習

これも最近よく聞きますよね

量・質の両方を備えたビッグデータをAI(人工知能)に学習させ、

画像処理・自動応答・将来予測なんかをさせることです

つまり「たくさんあるデータを有効活用しよう」というのがデータ分析なんです!

文系でもできるデータ分析

  • 「データ分析ってなんだか難しそう!?」
  • 「数学が苦手だったから私にはムリ…」
  • 「SQLやPython、Rのようなプログラミング言語を使うんでしょ!?」

そんなことはありません!

確かに数学や統計学、プログラミングはできるに越したことはありません

しかしデータ分析は、普段使ってるエクセルで十分できます!

データサイエンティストの集まりでさえ、Excelを使って集計するケースも多々あります!

※余談ですがSQLもPythonもとても簡単なので入門書を読めば、事前知識なしで半年くらいである程度はできるようになりました

実は私も文系出身です

私も文系出身でIT企業に新卒で入った時は営業でした。

そんな私も本や先輩からの助言で上記の言語をある程度使えるようになりました!

何度も言いたい

データ分析は誰でもできるということ!

マーケティングをするビジネスパーソン

家計を心配する主婦

高校生からでも始めることができます!

データは魔法じゃない

社長
社長

データを使っていい感じにやってよ!?

編集長
編集長

データも完璧じゃないんです

ここまで私は

データ分析は誰でもできる!意外と簡単だ!

ということを述べてきました

しかしデータ分析で全てのことが解決するわけではありません

例えば…

  • 「データ分析をすれば売上が上がる」
  • 「ユーザーの行動がすべてわかる」
  • 「広告を打たなくてもユーザーが集まる」

そんなことありません

データで新しい発見があることは非常にレアなんです…

むしろ仮設に対してその裏付けをするのがデータ分析の本質です

■ 仮設:売上が下がっているのはキャンペーンが原因かもしれない

■ 分析:キャンペーンの安売りが単価を下げていた

のような感じです!

繰り返しますが、データはすべてわかる魔法ではないです

これを念頭に置いておいてください

あくまでも中心は人間、主人公はあなた

データ分析を身に付けるメリットとは?

最後にデータ分析を行うメリットをご説明します!

一言でいうとデータはあなたをサポートする武器なのです!

データ分析は武器

  • プレゼンで説得力を増すための武器
  • 上司を納得させるための武器
  • 家計の節約を助ける武器

データは世界共通の客観的な情報です

主観的な意見に比べて、クライアントも上司も納得する可能性が高い

これを使って誰かを説得したり、誰かを思い通りに動かせる!

ぜひあなたオリジナルの武器を得て、ビジネス&生活に活かしていってください!

私のデータ分析(武器)の使い方

私は普段、デジタルメディアの広告を分析をしています

なので説得の相手はクライアント(企業)になります

普通に「うちに広告出してください」というのではなく

「データ分析をした結果、御社の〇〇は競合と比べて認知が足りないのがわかります。弊社の広告だと20%の認知を獲得するのに××の出稿が…」

のようにデータを絡めた提案をしています

何らかのアクション(提案)に対して、裏付けとしてデータを使う

これが私の得意分野ですね

データは武器という考え方について

この武器ですが、強い武器/弱い武器といろいろな種類があります

もちろん統計が使えて、Pythonを自由に使える方が強い武器ということになります!

まずはエクセルから始める

エクセルのピボットテーブルができるようになる
SQLでデータベースから情報を取得できるようになる

Pythonで加工することができるようになる
AI(機械学習)で将来予測ができるようになる

これは私がたどってきた道です

順番にステップを踏んでいくことを考えれば

今すぐにPythonを使う必要がないことが分かります

将来的に、そして必要があればプログラミングを覚えればいい…

まずはExcelから一歩目を踏み出しましょう

あなたの武器をどんどん進化させていってください!

最後に

今回は文系でもデータ分析はできる

そしてデータ分析は武器だ!

ということをご紹介してきました

これらの考え方は実際の作業より大切です!

これからゆっくりと技術は身に付けていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。