( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】グラフ完全版|#5 散布図を作成する

散布図とは?

縦軸と横軸に2つのデータを対応させ、データを点でプロット(散布)したものが散布図です

そして散布図では2つのデータの分布、つまり「相関関係」を把握できるのが特長です

散布図

相関とは?

相関係数(そうかんけいすう)

2つの確率変数の間にある線形な関係の強弱を測る指標である。

−1以上1以下の実数に値をとる。相関係数が正のとき確率変数には正の相関が、負のとき確率変数には負の相関があるという。

また相関係数が0のとき確率変数は無相関であるという

Wikipedia

…というのが定義ですが、ポイントは3つあります

  1. 最大値が「1」で最小値が「-1」になる
  2. 正の相関の場合、片方が高いともう片方も高くなる
  3. 相関係数が「0」の時は相関が無い

具体例を挙げてみましょう

学校のテストで「国語の点数」と「数学の点数」に正の相関がある場合

国語の点数が高い学生は、数学の点数も高かった」となります

一方で「体育の成績」と「美術の成績」に不の相関があった場合

「体育が得意な学生は美術が苦手」ということになります

「マイナスの相関=相関が無い」←は間違い!?

上記の通りマイナスの相関(不の相関)は「A」が上がれば「B」が下がる関係なので、相関が無いとは言えません

相関係数が「0」の場合が、「相関が無い」となりますになります

「英語の成績」と「身長」のように関係ない場合などが当てはまります

散布図の設定方法

散布図を作成するときには「棒グラフ」や「折れ線グラフ」とは違ったデータが必要です

項目データ1つ」と「数値データ2つ」を用意しましょう

今回は国別のGDPのデータをプロットするために、

各国ごと」の「一人当たりGDP」と「GDP総額」をリスト化しています

散布図のデータ列
まずは横軸・縦軸になる「数値データ」のみ選択
散布図作成時に数値データのみ選択
挿入>グラフ>散布図を選択
散布図をクリック
散布図が完成
散布図が完成

簡単に散布図を作成することができました

横軸に「一人当たりGDP」と縦軸に「GDP総額」でTop10か国がプロットされました

ただこれだけでは終わりません…

散布図の「ラベル」の設定方法

散布図を作っただけのデフォルトでは「データラベル」が付いていません

つまりどのプロットが何のデータなのか分かるように「ラベル」を付けましょう

ちなみに…

各生徒ごとの国語・数学」の散布図ではラベルは必要ありません

国別のGDP」の散布図ではラベルは欲しいですよね

グラフツール>グラフ要素を追加>「データラベル」を設定
散布図にデータラベルを設定
このままだと数値データがプロットされる
散布図にデータラベルを設定
どこかのラベルをダブルクリックすると、書式設定が開くので
ラベルの内容>「セルの値」を選択
散布図のデータラベルにセルの値を設定
データラベル範囲の選択が出てくるので
項目を選択する
データラベル範囲の選択でセルを選択
必要なデータラベルを改めて選択する
「Y値」が必要ないので消します
散布図のデータラベルの内容を整理
データラベルとして「国名」をプロットすることができた
散布図にデータラベルを入れる

バブルプロットの設定方法

バブルプロット

散布図は「2つの数値データ」を可視化しますが、

バブルプロットでは「3つの数値データを」可視化します

「横軸」「縦軸」「バブルの大きさ」で可視化します

バブルプロットのデータ

散布図の右側にさらにデータを追加しましょう(今回は人口)

作成方法は散布図とほぼ同じなので割愛します

バブルごとに色を変える方法

デフォルトではバブルが1色なので、項目別に色を設定しましょう

もちろんそれぞれ個別で設定もできますが、設定一つでカラーを分けることができます

どれかのバブルをダブルクリックして「書式設定」を開く
バブルプロットをダブルクリック
塗りつぶし>「要素を塗分ける」にチェック
バブルプロットの塗りつぶしで要素を塗り分けるにチェックを入れる
項目ごとに色が変わる
項目ごとにバブルプロットの色を変更させる

まとめ

今回は「散布図」と「バブルプロット」についてご紹介してきました

なぜか分かりにくい設定方法になっていますが

使い慣れると可視化のレベルが1つ上がるので、ぜひ使ってみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。