( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

エクセルで置換を関数で実施するには?|SUBSTITUTE関数

エクセルで置換を関数で実施する方法

エクセルで置換を関数で実施するには「SUBSTITITE関数」を使います

「SUBSTITUTE関数」とは”サブスティテュート”と呼ぶ関数で

文字列を置換することができる関数です

英語では「〇〇を✖✖に替える・代替する」という意味です

指定の文字を指定し、新しい文字に替えることができます

文字の置換イメージ

「株式会社」という文字列を「(株)」に置換する関数を入れいています

置換でよいのではないか?

検索と置換ボックス

エクセルには「検索と置換」という機能があります

この「置換」を使えば、文字列を変えることができます

置換のgif
ショートカット【Ctrl】→【H】

ショートカットは【Ctrl】→【H】です

メリットとしては簡易な操作で置換ができるという点

一方でデメリットは毎回この作業をする必要があるという点です

日々更新されるデータベースを利用する場合には

手動で置換を実施するのは効率が悪いです

その時はぜひ「SUBSTITUTE関数」を使ってみてください

↓「株式会社」「株」を消したカラムを作っています

株式会社の省略イメージ

SUBSTITUTE関数の設定方法

=SUBSTITUTE(文字列,検索文字列,置換文字列)

「SUBSTITUTE関数」は3つ指定する部分があります

全て「文字」と書いてあり分かりにくいですが、

最初に置換したい文字が書いている「セル」を指定し、

「特定の文字」→「置換したい文字」の順に記載していきます

SUBSTITUTE関数の結果イメージ
SUBSTITUTE関数の利用イメージ

エクセルは「文字列」を判定するのが苦手なので

(“”)ダブルクォーテーションで囲ってください

「空白」にしたい場合は(“”)ダブルクォーテーションをつなげましょう

まとめ

今回は「SUBSTITUTE関数」についてご紹介しました

「置換」をするには「検索と置換」のボックスを使うパターンと

「関数」を使うパターンの2種類があります

また応用編としてLEN関数と組み合わせて「特定の文字だけ数える」こともできます

【エクセル】特定の文字だけ数える関数|LEN関数+SUBSTITUTE関数

ぜひ試してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。