( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

最初に知っていてほしいこと…

木こりのジレンマ

ある旅人が森を通りがかったとき、

木を切る”木こり”の少年を見つけた

木こり
木こり

よいしょ、よいしょ!

小さな体で一生懸命に斧を振っていたが

なかなか木は切れていない…

旅人
旅人

少年、その斧は刃こぼれがひどい

よく切れるように研いだほうが良いのではないか?

木こり
木こり

ご忠告ありがとうございます!

ただ、今は木を切るのに忙しいので斧を研ぐ時間はありません

少年はボロボロの斧を振りながら

木を切り続けたのだった…

このストーリーの意味することは?

日々の忙しさに没頭してしまっているがゆえに

少しの工夫(斧を研ぐこと)を忘れてしまっていませんか?

ショートカットをすべて覚える必要はありません

大事なことはスキルを得ることではなく、

「今、している作業に無駄なことはないか?」と疑うこと

切れない斧で木を切っていることに気づくことです

それに気づけさえすれば大丈夫!

インターネットに役立つ情報が落ちています

私のサイトで役立つ知識があるかもしれません

この意識を忘れずにいてくださいね