( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】ピボットテーブル完全版|#1 活用イメージ

ピボットテーブルとは?

今回はエクセルにおいて最も重要な機能である「ピボットテーブル」の活用イメージについてご紹介します

ピボットテーブルの機能は一言でいうと「」です!

もう少し詳しく説明すると…

細分化されたデータを、まとめて計算する

のがピボットテーブルの機能です

事例として「学校のテストの点数」で説明します

生徒ごとのテストの点数がある(細分化されたデータ)
生徒ごとのテストの点数がある(細分化されたデータ)
男女ごとにまとめる
男女ごとにテストの点数をまとめる
平均を計算する
テストの平均点を男女別に計算する

この「細分化されたデータを、まとめて計算する」という機能を

2つのポイントに分けて考えます

  1. まとめる「集計単位」は何か?
  2. まとめた数値の「集計方法」は何か?

集計単位

上記事例では、まとめる単位を「男女」で分けましたが

他にも色々な角度で分けることができます

クラス( 1組 / 2組 / 3組… )

部活( 野球 / サッカー / 吹奏楽 )

特待生( 0 / 1 )※フラグ

これらの項目ごとに「集計」するためには、元のデータも追加する必要があります

それぞれの「行」に情報を追加していきましょう

テストの点数の元データ

集計方法

計算の手法も複数あります

基本的には下記3種類を使い分けます

  1. 合計(SUM)
  2. 平均(AVERAGE)
  3. 個数(COUNT)

テストの点数の事例では「平均」を使って計算しています

男女で人数が異なる場合もあるので、「合計」ではなく「平均」で計算しました

他にも「最大値」「最小値」「標準偏差」「分散」などの

統計解析ができる集計方法もあります

それぞれ最適な集計方法を選択しましょう!

ピボットテーブルを使うメリットとは?

続いてピボットテーブルを使うメリットをご紹介します

「ピボットテーブル」で集計する手法は「クロス集計」とも呼ばれています

この「クロス集計」だけで9割以上のデータ分析をすることができます

つまりエクセルのピボットテーブルだけで、「基本的なデータ分析」をすることができるのです

例えば…

生徒のテストの平均点をクラスごとに出す

商品の売上合計を営業所別に出す

家計簿の支出で予算オーバーしている項目を出す

またこれらの集計機能を「ほんの数秒で作り出す」ことができます

手動で計算するのは困難ですし、

SUMIF関数を使えばできなくもないですが時間がかかります…

「ピボットテーブル」を使えば「ボタン一つとマウスのドラッグ操作」だけで

これらの集計を実施することが可能です

一方でデメリットとは?

ぜひ使いこなしていただきたい「ピボットテーブル」ですが、デメリットも存在します

それは「操作方法が複雑」なことです

自由に操作できるのが利点なエクセルですが、ピボットテーブルは操作を知らないと操作に手こずります

次の記事で細かい設定方法をご紹介するので、ぜひご覧ください

【エクセル】ピボットテーブル完全版|#2 設定方法

また別のデメリットとしては「自動的に更新がされない」という点です

ピボットテーブルは「元のデータ」を参照して「テーブル」を作り出します

この「元のデータ」を変更しても関数のように自動的に数値は変わりません

「テーブル」内の「更新」ボタンを押す必要があります

せっかく「元のデータ」を変更しても、未変更のままのピボットテーブルを使ってしまう可能性があります

この更新されないという機能が「ミス」を引き起こしてしまいます

続いて

続いて設定方法をご紹介します

【エクセル】ピボットテーブル完全版|#2 設定方法

応用編としてこちらの記事もご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。