( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】COLUMN関数|VLOOKUP関数の列番号を自動で入れる方法

COLUMN関数とは?

COLUMN」とは日本語で「カラム」と読み、「」を意味します

関数を入れたセルが「何列目にあるか」を数値で返します

COLUMN関数イメージ

少し分かりにくいですが、下記のように自動で入ります

A列=1

B列=2

C列=3

D列=4

E列=5

Z列=26

COLUMN関数の設定方法

=COLUMN()
=COLUMN(セル)

「COLUMN関数」の設定はとてもシンプルです

()カッコを空欄にすると「関数を入れた列」を返します

またセルを指定すると、「指定したセルの列番号」を返します

COLUMN関数はいつ使うのか?

行番号を自動入力する「ROW関数」とは違い

列番号を自動入力する機会はあまり多くありません…

ROW関数とCOLUMN関数の利用イメージ

列名(カラム)に数字を振ることはあまりないですよね

一番多く利用するケースは「VLOOKUP関数」との組み合わせで使います

※VLOOKUP関数の使い方

「VLOOKUP関数」は簡単に言うと「Aの表からBの表にデータを持ってくる関数」です

VLOOKUP関数の利用イメージ

ビジネスシーンでとてもよく使う関数です。

詳しくはこちらの記事でおさらいしましょう

【エクセル】VLOOKUP関数|ビジネスでは必須!

VLOOKUPxCOLUMNの使い方

=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,[検索方法])

「VLOOKUP関数」の指定3つ目の「列番号」を記入するときに

「COLUMN関数」を使い自動反映するように設定することができます

「マスターデータ(左)」から「ログデータ(右)」に商品をキーとして情報を取ってきます

VLOOKUP関数の利用イメージ

例えば…「商品」をキーにしたとき、「担当者」を抽出するには「列番号=2」となります

しかし右にコピーしたときに「列番号」が手動入力のため、「全て2」になってしまい同じ項目がコピーされます↓

VLOOKUP関数の列番号のエラー

もちろん手動で「2.3.4…」と記入していっても大丈夫ですが

ここはスマートに自動入力にしてみましょう

「列番号」にCOLUMN関数を入れることで、右にコピーしても列番号が増えるよう設定できます

注意

VLOOKUP関数の列番号に合わせて、「COLUMN関数」の指定セルを調整しましょう

まとめ

今回は「COLUMN関数」についてご紹介して来ました

「VLOOKUP関数」との組み合わせが強力なので、ぜひ使いこなしてください

【エクセル】VLOOKUP関数|ビジネスでは必須!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。