( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】VLOOKUP関数|ビジネスでは必須!

VLOOKUP関数に関して「ビジネスで活かせる方法」をご紹介します

明日から仕事で使えるように設定方法をご紹介します

また実は知らない「落とし穴」もあったりします…

VLOOKUP関数を知らない方も、普段使っている方も

この記事でより効率的に仕事に活かしてください!

VLOOKPU関数とは?

ビジネスでよく使われている&少し難易度が高い関数

それが、このVLOOKUP関数ではないでしょうか?

エクセルを使える基準として四則演算とVLOOKUP関数を一定の基準としている企業も多いです

そんなVLOOKUP関数はどんな関数でしょうか?

簡単に言うと「Aの表からBの表にデータを持ってくる関数」です

VLOOKUP関数イメージ図

どんな時につかうのか?

もう少し具体的に見ていきましょう

VLOOKUP関数イメージ図

商品の単価が載っている「左」の表から

日付ごとの商品の個数が載っている「右」の表に単価のデータを持ってきます!

MEMO

「普通にコピーすればよいのでは?」

具体例の「右」の表をよーく見ると、「商品」が結構バラバラに入っています

それぞれの「商品」に「単価」を対応させるには関数を使った方が効率的です

VLOOKUP関数の使い方

それでは実施にVLOOKUP関数の使い方を見ていきましょう

入力項目は4つ!

VLOOKUP関数イメージ図

それぞれの設定について説明していきます

単価のセルに「=VLOOKUP」と入力
VLOOKUP関数イメージ図
①検索値
VLOOKUP関数イメージ図

検索値はキーとなる値(今回は商品名)を指定します

②範囲
VLOOKUP関数イメージ図

取ってきたい「元のデータ」全体を指定します

注意
下にコピーするので、絶対参照($)を忘れずに
③列番号
VLOOKUP関数イメージ図

②範囲 の左から数えて〇列目にあるデータを取ってくるかを指定

[検索方法] ※ここは毎回同じで「0」
VLOOKUP関数イメージ図

完全一致を指定する「0」を入力(Falseでも大丈夫ですが、0の方が早い)

完成
VLOOKUP関数イメージ図

売上は「個数」x「単価」を計算しました

④の検索方法は毎回「0」にしてください

この機能を活用する場合もありますが

頻度は少ないので割愛します…

VLOOKUPのエラーを防ぐ方法

はじめは上記STEPを設定するだけで、毎回エラーが起きてしまいます

原因になりがちな2つのポイントをご紹介しつつ

防ぐ方法をお伝えします!

範囲がずれてしまう

設定②の範囲を指定するときに絶対参照($)を付けないと

下にコピーしたときにずれてしまいます

VLOOKUP関数イメージ図

これを防ぐために絶対参照を付けるわけですが…

もっと効率的な設定方法をご紹介します!

それは「列」を指定してしまうという方法

VLOOKUP関数イメージ図

こうすれば下にコピーしたとしても

「列」自体は変わらないので、エラーを防ぐことができます!

そして将来的に商品が増えたとしても

対応することができます!

VLOOKUP関数イメージ図

列番号が同じまま

VLOOKUP関数を右にコピーしたときに

③列番号が同じままになってしまい項目がそのままコピーになります

※東京・大阪などが「担当者」「発売日」にも入ってしまっています

VLOOKUP関数イメージ図

その原因は、列番号を直接指定してしまっているため

セルのコピーでは移動してくれません

なのでここもセルを指定しましょう

VLOOKUP関数イメージ図

ちょっとカッコ悪いので上の数字は

文字色を「白」にして見えないようにしましょう

VLOOKUP関数イメージ図

これで直接数値を記入する必要がなくなります

右にVLOOKUP関数を伸ばすことが多い場合はぜひ使ってみてください

MEMO

数値を書くのも面倒な場合はCOLUMN関数を使ってみてください

VLOOKUP関数を使うときの注意点

最後に意外と知られていないVLOOKUP関数の「落とし穴」をご紹介します

この原理を知らないと何度やってもエラーが出てしまいます

①検索値が②範囲の左側にない場合

①検索値で指定している内容が②範囲の左側(1列目)にない場合は

エラーが起きてしまいます

VLOOKUP関数イメージ図

もしキーになる検索値より左側にあるデータを抽出したい場合は

右側の列にコピー / 切り取りをしてください

※今回の場合だと「担当者」をZ列にコピーする

同じ項目が存在している場合

マスター側に同じ内容がある場合は、「上の値が優先」されます

このルールを知らない人が意外と多い

VLOOKUP関数イメージ図

商品「AAA」が左の表に「3,800」と「8,000」の2つ存在していますが

VLOOKUP関数を反映させた右側の表には「3,800」が採用されています

ぱっと見でエラーが発生しているように見えないですが、

意図しないデータになってしまうので気をつけてください

注意

SQLでいうLEFT JOINと同じような機能ですが、

項目が増えず上の値を反映させるという仕様なので

SQL慣れしている方はお気を付けてください

最後に

VLOOKUP関数はビジネスで頻度高く使います

設定方法をしっかりおぼえて、ぜひ使ってみてください

また「落とし穴」が多く、絶対参照を使いこなせないと

エラーが多発するのもVLOOKUP関数ならではなので

どこがエラーになっているかしっかり確認してみましょう

▼絶対参照についてはこちら

world map 絶対参照・相対参照を分かりやすく解説しています|意外と知らないエクセルの基礎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。