( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

絶対参照・相対参照を分かりやすく解説しています|意外と知らないエクセルの基礎

world map

絶対参照・相対参照とはなにか?

エクセルで一番と言っていいほど質問が出るのが「絶対参照」・「相対参照」です

そしてエクセルで関数を使う際、最も重要なのもこの「参照」なのです

ではそもそも「絶対参照」「相対参照」とは何を指しているのでしょうか?

よくあるエラー

関数を下にコピーした時、エラーが起きてしまう

この原因の大半は「絶対参照」を付けていないからです

作業としては($)ドルマークを付けることを指します

ビジネスで頻繁に使うVLOOKUP関数を使うときによくエラーが起きてしまいます

【エクセル】VLOOKUP関数|ビジネスでは必須!

今回はこの「絶対参照」「相対参照」の概念と設定方法をご紹介します

そして一瞬で設定できるショートカットも説明します

関数コピーがずれてしまう原因とは

エクセルを利用していて関数 / 数式のエラーが起きてしまうことはよくあります

そしてその原因のほとんどが、参照元のエラーです

よくあるミスをご紹介します

各商品の売上の割合」を計算してみましょう

「商品AAAの売上」と「合計」を割る
売上と合計の割り算
下にコピーする
オートフィル
合計の指定が下にいずれてしまっている
数式がずれている図

エクセルは非常に賢く作られているので

数式を下にコピーすると、参照しているセルごと移動してくれます

※「相対参照」と言います

関数を全てのセルで書く必要が無いような機能で、単純な計算式だと便利な機能です

一方で特別なセル(今回は合計)を指定している場合は

そこの参照も下にずれてしまうのでエラーが発生してしまいます

この合計セルを「固定する」のが絶対参照という機能です

絶対参照の成功例

こちらが正解です

合計を指定しているセルC8$C$8になっていますが

これが絶対参照となります

オートフィル(コピー)の方法

コピーしたいセルの「右下」をダブルクリックするか、

「右下」を下までドラッグしましょう

オートフィル

絶対参照の設定する方法

上記の例でいうと、動かしたくない「合計」のセルを固定します

それを絶対参照といいますが、($)ドルマークをセルの前に付けます

絶対参照の付け方

($)ドルマークを付ける場所は2か所です!

  • を指定するアルファベットの前
  • を指定する数字の前

基本的には「両方」に付ければ大丈夫です

ただし右側にコピーしたい場合や全く違うセルにコピーしたい場合などは

片方」にのみ絶対参照を付ける必要が出てきます

絶対に覚えてほしい絶対参照を付けるショートカット

絶対参照を付けるときに、毎回キーボードで($)ドルマークを入力するのは面倒です

そこで一瞬で($)ドルマークを付けてくれるショートカットをご紹介します

このショートカットをセル所で打つだけで、自動的に絶対参照を付けてくれます

そのショートカットはF4のキーです

F4のキーボード図
絶対参照gif

ポイントはこの「F4」のショートカットを押す回数です

この「F4」を複数回押せば固定する部分を変えることができます!

押す回数固定セル
1回全てを固定$A$4
2回を固定A$4
3回を固定$A4
4回固定なしA4

列を固定したい(下にコピーしてもずれないようにする)場合は「2回

行を固定したい(右にコピーしてもずれないようにする)場合は「3回

ショートカットは使い方と合わせて覚えましょう!

基本的には全てを固定する「1回」で大丈夫です

例:列を固定する場合

都道府県別の売上と割合を計算してみましょう

割合の計算を「右にコピー」したい場合…

合計の「列」は固定したまま、右にコピーするので「C列」には絶対参照を付けず

ショートカットで言うと「F4」キーを「2回」押します

C4 / C9C4 / C$9と変更します

絶対参照の列固定の図

これでキレイに東京・大阪・福岡の割合が100%になる

割合を計算することができました!

まとめ

絶対参照($)の設定方法についてご紹介してきました

数式や関数でエラーが出る原因のほとんどが参照方法といっても過言ではありません

ショートカット(F4)も合わせて覚えて

エラーが出る前に設定できるようにしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。