( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】ROUNDUP/DOWN関数|切り上げ/切り捨てをする方法

切り上げ/切り捨てを行う関数

Excelには四捨五入を行う「ROUND関数」というものがあります

その派生関数として、

切り上げ」を行う「ROUNDUP関数(ラウンドアップ)」と

「切り捨て」を行う「ROUNDDOWN関数(ラウンドダウン)」が存在します

ROUNDUP関数とROUNDDOWN関数のイメージ

基本的な使い方は同じなので、ROUND関数が不安な方は

下部の「ROUND関数」の記事をご覧ください。

関数の設定方法

=ROUNDUP(数値,桁数)
=ROUNDDOWN(数値,桁数)

ROUNDUP関数」と「ROUNDDOWN関数」の設定は「ROUND関数」と同じです

四捨五入したい数値を始めに「数値」として指定します

続いて四捨五入したい「桁数」を指定します

ROUNDUP関数のイメージ

桁数の指定方法

桁数の指定」が少し難しいので解説します

切り上げたい・切り捨てたい桁数を指定するのですが

一の位以上を指定する場合、「マイナス」を付ける必要があります

桁数指定のイメージ

上の図のように指定の桁数は覚えてみて下さい

ROUNDUP関数とROUNDDOWN関数の結果イメージ

まとめ

ROUNDUP関数」と「ROUNDDOWN関数」は利用シーンは限られますが

ROUND関数」と共に覚えておくと便利な関数です

ぜひ使いこなしてみてください

【エクセル】ROUND関数|四捨五入する関数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。