( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】LEN関数|文字数を数える関数

LEN関数とは?

セルの中の「文字数」を数えるための関数がLEN関数です

あまり聞き馴染みがない関数かと思います

COUNT関数」などは「セルの数」を数えますが

LEN関数」はセルの中の「文字数」を数えることができます

LEN関数のイメージ

文字数の「長さ」を数えるので「LENGTH(長さ)」と覚えましょう

LEN関数の設定方法

=LEN(文字列)

LEN関数の設定はとても簡単で、()カッコの中にセルを入れるだけです

文字列の長さを数値を計算してくれます

定義としては「半角と全角の区別なく」1文字を1として数えます

LEN関数の設定方法

LENB関数の設定方法

LEN関数」には派生として「LENB関数」というものもあります

設定方法は全く同じです

=LENB(文字列)

唯一の違いは「定義」です

LEN関数」は全て1文字と数えるのに対し

LENB関数」は半角文字は1、全角文字は2として数えます

LENB関数の設定方法

「青森市」だけでもLENB関数では「6」になります

半角と全角を区別したい場合などは

「LENB関数」の方を使ってみてください

まとめ

今回はセルの中の「文字数」を数える「LEN関数」と「LENB関数」をご紹介してきました

コメントの文字数を数えたり、半角/全角どのくらいあるのか数えることができます

また他の関数と組み合わせるとさらに便利になるので

他の記事もぜひご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。