( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】RIGHT/LEFT関数|右-左から文字を取り出す関数

RIGHT/LEFT関数とは?

RIGHT関数」「LEFT関数」はその意味通り

右・左から文字を抽出する」関数です

長い文字の中から特定の文字数を取り出したいときに使います

RIGHT関数とLEFT関数の説明

右から〇〇文字だけ」と「左から〇〇文字だけ」を自由に抽出することができます

この関数自体はとても簡単な使い方です

関数の使い方

=RIGHT(文字列,文字数)
=LEFT(文字列,文字数)

「RIGHT関数」と「LEFT関数」は記入方法は同じのため同時に説明します

指定する項目は2つです

  1. 抽出したい「文字列」のセルを指定して
  2. (右・左)からの「文字数」を指定する

「文字数」は基本的に数値を手動で入れていきます

RIGHT関数とLEFT関数の説明

いつ関数を使うか

データを扱う際、そのデータが欲しい情報として入っているとは限りません

例えば、「商品」と「サイズ」の情報が結合しているとします

そこから「LEFT関数」で商品を、「RIGHT関数」でサイズを抽出します

RIGHT関数とLEFT関数の説明

このように自分の欲しい情報を取得することができるのが

「RIGHT関数」「LEFT関数」の利用用途です

しかしこの2つには落とし穴が…

関数の注意点

この2つの関数には弱点があり、それは「文字数がバラバラだったとき」です

例えば「東京都の23区」の文字数は「新宿区」「品川区」のように全てが3文字とは限りません

単純に「RIGHT関数」で右から3文字取ってきてしまうと…

RIGHT関数とLEFT関数の注意点

図のように中途半端な抽出になってしまいます

そこで「文字数」の指定部分を工夫します

LEN関数との組み合わせ

文字数がバラバラでも、文字数の部分を自動で変わるように設定しましょう

そこで「LEN関数」という文字数を数える関数を使います

【エクセル】LEN関数|文字数を数える関数

まずはLEN関数で「すべての文字数」を数えます

LEN関数で文字数を数える

そこから「必要ない部分=東京都」分の文字数を引き算します

LEN関数とRIGHT関数の使い方
LEN関数とRIGHT関数の使い方

少し複雑ですが「RIGHT関数」の中に「LEN関数」が含まれているため

「千代田区=4文字」「中央区=3文字」「港区=2文字」にも対応できました

もちろん「LEFT関数」でも応用することができます

まとめ

今回は「RIGHT関数」「LEFT関数」をご紹介してきました

使う頻度は高くないですが、覚えておくととても便利な関数です

LEN関数」との組み合わせもぜひ試してみてください

また「真ん中」の文字を抽出したい場合は「MID関数」を使いましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。