( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

代表値とは?分かりやすく解説|ポケモンで学ぶデータ分析

ポケモンデータを使って代表値を学ぶ

ポケモンのデータを使ってデータ分析を学ぶ企画の第二弾です

今回はデータをざっくり把握するための代表値をご紹介します

そしてテーマとして下記を設定し、ポケモンのデータ分析を実施します

ステータスが全ポケモンの「真ん中」にいる1匹を見つけ出す

ポケモンデータの中身に関しては、第一弾の記事をご覧ください

ポケモンのデータ(Excel:105 KB)

ポケモンで学ぶデータ分析|データの中身を知ろう

代表値とは?

今回ご紹介する代表値とは、データの大枠を知ることができる指標です

代表値の確認は、データ分析の初手で実施する手法です

データ(ポケモン)を一つずつ見ていくのは非常に大変ですし、時間がかかってしまいます

そこでデータがどういう形をしているかを、代表値という形見ていきましょう

代表値(平均値・中央値・最頻値)についてはこちらの記事をご覧ください

【完全解説】平均値・中央値・最頻値を図を用いて説明します

全ポケモンの代表値を見てみる

代表値を見るために、全てのポケモンのステータスを見ていきます

※ちなみに一番ステータスが高いのは「アルセウス」というポケモンです

ポケモンのアルセウスの画像
出典:Poke API(https://pokeapi.co/)

単純に代表値を見るだけでは、データを集計して終わりになってしまいます

それだけでは「データ分析」をしたとは言えません

最終的に「示唆」を出すこと、そして「アクション」を起こすことがデータ分析の基本です

そこで一つのテーマを設けてデータ分析を進めていきます

ステータスが全ポケモンの「真ん中」にいる1匹を見つけ出す

真ん中」をどういう定義にするかが難しいので、代表値をそれぞれ見ていきましょう

平均値

平均値とは「全ポケモンのステータスを合計し、ポケモン数で割る」ことで算出が可能です

平均値を算出すると「423」という結果が出てきました

このままだと分かりにくいので、「フシギダネ」の進化系列と比較してみましょう

ポケモンのステータスの平均値のイメージ図

3匹の平均ではなく、全ポケモンの平均値をプロットしています

「フシギソウ」より少しだけ強く、フシギバナよりも弱いというのが

全ポケモンのステータスの平均値をとった場合の示唆でした

それではこの平均値に一番近いポケモンを探してみましょう


まずはすべてのポケモンのステータスから平均値(423)を引きます

例えば「フシギダネ」のステータスは318なので、引き算をすると-105の差が出ました

全てのポケモンをグラフにプロットしてみます

下記グラフは中心にいるほど、平均との差が無い=中心に近いということになります

平均値の差分

最後に平均との差が「0」に一番近いポケモンを見つけてみましょう

調べてみると差分が「0.12」しかないポケモンがいました…

それは「ホルード」というポケモン(筆者は知らないポケモンでした…)

ポケモンのホルードの画像
出典:Poke API(https://pokeapi.co/)

中央値

続いて中央値を見ていきます

中央値はポケモンをステータス順に並べて、真ん中の値を指します

平均値はとびぬけたステータスを持ったポケモンがいると偏ってしまうのに対し、中央値はとびぬけた値(外れ値)に左右されません

定義に沿って全ポケモンのステータスの中央値を取ると「440」という数値が出てきました

先ほどの「フシギダネ」の進化系列に中央値も追加してみます

ポケモンのステータスの平均値と中央値の画像

平均値より若干高くなりました

そして平均との差と同様に、中央値の差分を算出し、差が小さいポケモンを見つけます

なんと中央値「440」に該当するポケモンは10匹ほどいました

その中の一匹が「ペルシアン」というポケモンでした

ポケモンのペルシアンの画像
出典:Poke API(https://pokeapi.co/)

最頻値

最後に最頻値をご紹介します

最頻値とは文字通り「最も多く登場する値」です

(正規分布の)データは平均値が最頻値になることが多いです

さてポケモンのステータスではどうでしょうか?

ポケモンのステータスの最頻値

予想に反してポケモンのステータスの最頻値は「600」となりました

グラフを見ると200~500あたりは分散してしまっているのが分かります

ポケモンには600族と呼ばれる、最終進化の合計種族値が600になるポケモンがいる

ステータスが600のポケモンの画像
出典:Poke API(https://pokeapi.co/)

伝説のポケモン含めて強そうなポケモンが並んでいます

これはテーマである全ポケモンのステータスの真ん中に反すると判断し、考慮に入れないことにしました

分析結果はいかに!?

最後に代表値を利用し、テーマに当てはまるポケモンを見つけ出したいと思います

改めてテーマはこちら↓

ステータスが全ポケモンの「真ん中」にいる1匹を見つけ出す

「平均値」と「中央値」のどちらを利用するか最後まで迷ったので

どちらも考慮に入れることにしました

平均値と中央値の差分を合計したものが、0に近い(差が無い)ポケモンを集計します

最終的に算出した結果がこちら

平均差と中央差の合計の図

平均値と中央値の差分で一番近いのは「デデンネ」というポケモンでした

なんともかわいいポケモンで、ピカチュウと似ている気も…

ポケモンのデデンネの画像
出典:Poke API(https://pokeapi.co/)

まとめ

今回はポケモンのデータを使ってデータ分析を学ぶ企画の第二弾でした

そして改めてテーマはこちら

ステータスが全ポケモンの「真ん中」にいる1匹を見つけ出す

そして平均値と中央値、最頻値を使いだした結果は、「デデンネ」というポケモンでした

次の記事では知っているようで知らない「相関関係」についてご紹介します

相関関係とは?分かりやすく解説|ポケモンで学ぶデータ分析
お気に入り登録お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。