( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【Python】Google ColaboratoryとGoogle Driveを連携する方法

ColaboratoryとDriveを連携

「Google Colaboratory」はウェブ上でPythonを実行できるGoogle社のシステムです

そしてGoogle Driveと連携してドライブ内のExcelやCSVファイルを利用することができます

普段からGoogle Driveを利用している方は、簡単なステップを踏むだけですぐに連携ができます

連携のステップ

「Google Colaboratory」の左ファイルから、Driveをマウントのマークをクリック
「Google Colaboratory」の左ファイルから、Driveをマウントのマークをクリック
Drive認証用のURLが出るのでクリック
Drive認証用のURLが出るのでクリック
Googleアカウントへのアクセスリクエストを許可します
Googleアカウントへのアクセスリクエストを許可します
read_excelを使って、Excelファイルを読み込みましょう
Google Driveのファイルを読み込むことができるようになりました
【Python】read_excel|エクセルをPythonに読み込む方法

コードを書く方法

Step.1を踏まずに、下記コードを実行するだけで、Drive認証用のURLを出すこともできます

from google.colab import drive
drive.mount('/content/drive')

Drive上のファイルパスを確認する

Pandasの「read_excel」や「read_csv」などでファイルを読み込むときは

Google Drive上の「ファイルパス」を指定する必要があります

左のファイルにパスが表示されています
Google Colaboratoryのファイルパスを表示
ファイルの右側の3つの点をクリック
Google Colaboratoryのファイルパスを表示
パスをコピーをクリック
Google Colaboratoryのファイルパスをコピー
ファイルパスを貼り付けて完了
ファイルパスを貼り付け

ちなみにGoogle Driveでは下記パスの構造になります

ご自身でフォルダを作った場合は、パスに追加していきます

/content/drive/MyDrive/〇〇/●●/ファイル名.拡張子

まとめ

今回は「Google Colaboratory」上で「Google Drive」のファイルパスを参照する方法をご紹介してきました

必要なExcelやCSVファイルをGoogle Driveで管理し、

Google Colaboratory(Python)で解析することが一気通貫でできるようになるので

ぜひ設定してみてください

お気に入り登録お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。