( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【Python】英語の大文字・小文字を変換する方法

英語の文字列の大文字・小文字を変更する

Pythonでデータ分析を実施する際、英語の文字列を操作する場合があります

その際、大文字と小文字が混在ことがありますが、メソッド一つで大文字・小文字を自由に変換することができます

変換の方法は4種類ありますが、それぞれにメソッドがあります

Pythonで英語の大文字・小文字を変換する方法

事前準備

Seabornというライブラリから、mpgという車のデータを取得しておきます

import seaborn as sns
df = sns.load_dataset('mpg')
df.head()
Seabornのmpgデータ

大文字・小文字を変換する方法

nameというカラムに入っている「車名」を使い、大文字・小文字変換を試してみます

既存データでは「すべて小文字」になっています

df['name']
df['name']

① すべて大文字に変換(upper)

すべて大文字に変換(upper)

英字のすべてを大文字に変換するためにはupperメソッドを利用します

また文字列型のみが対象のためstrも合わせて使う必要があります

df['name'].str.upper()
df['name'].str.upper()

② すべて小文字(lower)

すべて小文字(lower)

英字を全て小文字にする場合はlowerを利用します

df['name'].str.lower()
df['name'].str.lower()

③ 先頭だけ大文字(capitalize)

先頭だけ大文字(capitalize)

英文では基本的に最初の文字を大文字にしますが、capitalizeを使うと自動で先頭だけ大文字にすることができます

df['name'].str.capitalize()
df['name'].str.capitalize()

④ 単語の先頭だけ大文字(title)

単語の先頭だけ大文字(title)

文の先頭だけではなく、単語の先頭を大文字に変更することも可能です

titleを利用します

df['name'].str.title()
df['name'].str.title()

※ 大文字と小文字を入れ替える(swapcase)

大文字と小文字を入れ替える(swapcase)

最後に補足としてswapcaseメソッドを利用して、大文字・小文字を入れ替える方法をご紹介します

あまり利用用途はないと思いますが、こういう機能があることは覚えておいてください

上記で説明したtitleを使い、最初の単語を大文字にした後に入れ替えを行っています

df['name'].str.title().str.swapcase()
df['name'].str.title().str.swapcase()

まとめ

今回はPythonで英字を扱う際に、大文字・小文字を変換する方法をご紹介してきました

先頭だけ大文字にしたり、単語の先頭だけ変えたり自由に操作が可能です

それぞれにメソッドが異なるので注意してください

またstrを使わないとエラーが出てしまうのも念頭に置きましょう

お気に入り登録お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。