( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

エクセルで文字列を結合する関数を徹底解説|CONCATENATE関数

エクセルで文字列を結合する関数とは?

エクセルで文字列を結合するには「CONCATENATE」を使います

日本語では「連結する」という意味です

その意味どおり、文字同士をつなげることができる関数です

「北海道」「札幌市中央区…」=「北海道札幌市中央区…」

「青森県」+「青森市長島…」=「青森県青森市長島…」

「岩手県」+「盛岡市内丸…」=「岩手県盛岡市内丸…」

CONCATENATE関数のイメージ

このように「文字」と「文字」を結合することができます

バラバラでデータが入っている場合などに、便利な関数ですね

CONCATENATE関数の使い方

=CONCATENATE(文字列1,文字列2…)

関数の使い方自体はとても簡単です!

関数の後につなげたい文字を並べるだけです

セルを指定する」ことも、「文字列を入れる」ことも可能です

下の例は「数値のセル」「文字列のセル」を「ハイフン(文字列)」でつなげています

CONCATENATE関数で結合
文字列としての扱い

エクセルは数値や関数を取り扱うのは得意ですが、文字列は苦手

関数内に文字列を入れる時は(””)ダブルクォーテーションで括って上げましょう

&(アンド)を使う方法 ←推奨

実はCONCATENATE関数を使わずに「」で文字列を結合することもできます

2~5個くらいを結合する場合は「」の方が楽だったりします

「CONCATENATE関数」は文字数も多く覚えにくいので、こちらがおすすめ

&を使って結合するイメージ

日付と文字列を結合する

文字列」と「文字列」を結合するのはとても簡単です

しかし「日付」と「文字列」を結合するのは注意が必要です

シリアル値を結合したエラー

文字列」と同じように「日付」を「」で結合しても日付がうまく入りません…

その理由は「日付」が「シリアル値+表示形式」で成り立っており、

結合の際は「シリアル値のみ」が表示されるためです

シリアル値とは「1900年1月1日を起点に1日ごとに1ずつ増える値」のことです

カレンダー エクセルの日付変換をマスターする|初心者でも分かるエクセル講座

つまり「2021年1月1日」のように「日付」の表示形式のまま「文字列」と結合するには

表示形式を関数に組み込む必要があります

TEXT関数を使って日付を結合する

=TEXT(値,表示形式)

TEXT関数」では値の表示形式を指定できます

「44197」というシリアル値(値)を

「2020/1/1」という表示形式に変換する関数です

この関数を用いて表示形式を選択して結合を実施します

TEXT関数の詳細イメージ

日付を「TEXT関数」で囲み、「”yyyy/m/d”」という表示形式を指定しています

この指定方法でしっかりと「日付」と「文字列」のデータを結合することができます

日付と文字列の結合結果
【エクセル】TEXT関数|曜日を抽出する方法

まとめ

今回は文字列を結合する方法をご紹介しました

  • CONCATENATE関数
  • &(アンド)を使う

この2種類で文字列を結合することができます

ぜひ使ってみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。