( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】TEXT関数|曜日を抽出する方法

TEXT関数とは?

エクセルでの「TEXT関数」とは、「」を選んだ「表示形式」に変換する関数です

ここで重要なのが、「見た目だけの表示形式」を変えるだけではなく

実際の形式」と変換することができます

特に利用するのは「シリアル値」→「日付」の変換です

「44197」→「2021/1/1」

「44197」→「金曜日」

表示形式で変えてはだめなの!?
表示形式を設定

見た目を変えるという観点では「表示形式」の変更で大丈夫です

ただ関数の中で使ったり、曜日を抽出する場合はTEXT関数を使います

TEXT関数の設定方法

=TEXT(値,表示形式)

まずは変換したい「」を記入した後に

表示形式を指定する「記号」を記入していきます

TEXT関数の指定

エクセルでは、すでに決められた記号で表示形式が決まります

今回は「日付」に関する記号をご紹介します

記号意味
yyyy2021西暦を4桁で表示
yy21西暦を2桁で表示
mm01月を2桁で表示
m1月を1桁で表示
dd05日を2桁で表示
d5日を1桁で表示
ggg令和和暦の元号を表示
e3和暦の年を表示
aaa曜日を1文字で表示
aaaa火曜日曜日を3文字で表示
注意

表示形式を指定するときは(“”)ダブルクォーテーションで括りましょう

月や日を2桁で表示する意味!?

エクセルでは「2021/1/1」「2021/01/01」と2種類の表示方法があります

月や日が1桁の場合、先頭に「0」を付けることで

文字数を合わせて、列をそろえることができます

利用シーン①曜日を抽出

TEXT関数は日付から「曜日を抽出」するときに非常に便利です

「日付情報(2021/1/1)」を持つデータは多いですが、

「曜日情報」があることは少ない…

そこで「曜日」の情報を追加するためにTEXT関数を使います

TEXT関数で曜日を抽出

また「曜日」を抽出することで、日付のデータ分析の幅が広がります

特にコンシューマー向けにビジネスをしている場合は

週末(土曜・日曜)に顧客が動くことが多いため、

分析の観点として追加する必要があります

曜日の売上分析

利用シーン②日付+文字列

日付+文字列

日付のセル」と「文字列」を組み合わせることで

上記のような表示をすることができます

しかし単純に「」でつなげただけでは、うまく挿入することができません

日付+文字列でシリアル値が入る

日付は裏側では「シリアル値」として管理されており、

そのシリアル値(44197)が値として入ってしまいます…

そこで「TEXT関数」を使い表示形式を指定しましょう

TEXT関数

セルをTEXT関数で挟むことで日付形式(yyyy/m/d)で表示することができます

日付+文字列

まとめ

今回はTEXT関数についてご紹介してきました

  1. 曜日を抽出する
  2. 「日付」と「文字列」を結合する

この2つは特に利用頻度が高いため

ぜひ活用してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。