( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】グラフ完全版|#1 グラフの作成方法

グラフの役割とは?

エクセルでは簡単に「グラフ」を作成することができます

ではグラフを作る目的は何でしょうか?

グラフの目的は数値の大小を「視覚的に可視化」することです

そしてただ可視化するだけではなく「どの項目が特徴的なのか」をハッキリさせる役割があります

※人間は数値だけでは「どのくらい大きいのか」を判断することができません

表とグラフの違い

グラフの設定方法

それではエクセルでグラフを作成する方法についてご紹介します

表を選択します
エクセルのグラフ作成で表を選択
[挿入タブ]の「おすすめグラフ」をクリック
エクセルのグラフ作成でおすすめグラフをクリック
(実際のデータが入った)おすすめグラフ一覧が出てきます
エクセルのグラフ作成でおすすめグラフから選択
おすすめに無い場合は「すべてのグラフ」から選択します
エクセルのグラフ作成ですべてのグラフを選択
グラフが完成
エクセルのグラフが完成
おすすめグラフを使う理由とは!?

グラフは「分かりやすさ」が命です

棒グラフ作ってみたけど、データが偏ってみて分かりにくい…

なんてことがあるので、実際のデータで見れる「おすすめグラフ」を利用しましょう

エクセルのグラフ作成でおすすめグラフ以外を選択する場合

どのグラフを作ればいいか分からない…?

最適なグラフの選び方は、特設記事でご紹介しています

ぜひご覧ください

グラフ要素の設定方法

グラフには「軸」や「タイトル」、「ラベル」など要素と呼ばれる補助を付けることができます

設定方法をご紹介します

グラフをクリックすると「グラフツール」が出てきます
エクセルのグラフ作成でグラフツールを選択
「グラフ要素を追加」から要素を選択
エクセルのグラフ作成でグラフ要素を追加
グラフ横の「+」マークでも同様の設定が可能
エクセルのグラフ作成でグラフ要素を追加
「軸ラベル」「データラベル」「目盛り線」を追加しました
エクセルのグラフに軸ラベルとデータラベルと目盛り線を追加

設定すべきグラフ要素とは?

一気にグラフを見やすくする「グラフ要素」があります

それは「データラベル」です

データラベルとはそれぞれのグラフごとに、該当の数値を表示させる機能です

エクセルのグラフ作成で軸とデータラベルを追加

データラベルを設定することで、軸を横に見ながら「数値」を確認する必要がなくなります

特に「棒グラフ」では初期設定が「軸のみ」になっているので、ぜひデータラベル設定してください

グラフの色を変える方法

エクセルのグラフ作成でグラフの色を変える方法

グラフは「可視化」が目的なので、「カラー変更」は必須です

実はすでにエクセルに実装されている「テンプレート」から

色を選択することができます

エクセルのグラフ作成で色をカラーパレットから変更

カラフル」なテンプレートと「モノクロ」のテンプレートがあります

そして、もちろん項目ごとに独自のカラーを設定することもできます

オリジナルの色を設定する方法

変更したい項目のグラフを「1回だけ」クリック
エクセルのグラフ作成で項目を一回クリック
グラフの端に〇が付きます
グラフツールから「図形の塗りつぶし」で変更
エクセルのグラフ作成で塗りつぶしで変更から変更
東京だけハイライトされました
エクセルのグラフ作成で東京だけハイライト

変更したい項目の内容「2回」クリックすると
他の項目の選択が外れます
エクセルのグラフ作成で項目を2回クリック
「図形の塗りつぶし」をすると、1カ所だけハイライトされます
エクセルのグラフ作成で1カ所だけハイライト

まとめ

今回はグラフの基本的な設定方法についてご紹介してきました

グラフは「可視化」の最強ツールなので

設定方法をしっかりマスターしてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。