( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【エクセル】IFERROR関数|エラーを表示させない方法

IFERROR関数とは?

IFERROR関数とは「エラーを隠す」非常にスマートな関数です

エクセルではこのようなエラー文言が出てきます↓

エラーのイメージ

数式や関数を打った時…

  • VLOOKUP関数の参照がない場合
  • 参照セルが消えている場合
  • 割り算の中に「0」が入っている場合

エクセルでは計算できないので「エラー」が出てしまいます

そして意外とこういったエラーは起きやすいのでご注意ください

IFERROR関数は心遣い

IFERROR関数は正直、設定しなくても大きな問題は起きません

ただしエラーがあると見栄えも悪く、別のエラーにつながります

「このエクセルを使う同僚」のためにぜひ設定しましょう

IFERROR関数の設定方法

=IFERROR(値,エラーの場合の値)

設定項目は2つ

最初の「値」にはエラーを入れましょう

次の「値」にエラーだった場合の値を入れましょう

エラーが出る場合の対応

昨年の売上が無い商品の増加率は「DIV/0!」のエラーが出てしまいます

IFERROR関数を使って、エラーが出た場合は「新規」と出す設定をしています

設定① 値

=IFERROR(値,エラーの場合の値)

「値」とありますが、ここには「数式」や「関数」を入れましょう

上記の例では割り算を入れていますが、VLOOKUP関数も頻出ですね

=IFERROR( A2 / B2 , “新規” )

=IFERROR( VLOOKUP( A2 , B:C , 2 , 0 ), 0 )

設定② エラーの場合の値

=IFERROR(値,エラーの場合の値)

2つ目はエラーの場合の値です

「文字列」でも「数値」を入れても大丈夫

計算式のエラー修正が多いので「0」を入れるケースが大半です

おすすめの設定方法

初心者の方にとっていきなり「IFERROR関数」を入力するのは

かなり難易度が高いです

ぜひステップに分けて設定しましょう

関数を入力してエラーが発生(※VLOOKUP関数)
エラーが発生
関数の前にIFERROR関数を挿入
VLOOKUP関数にIFERROR関数を挿入
VLOOKUP関数をIFERROR関数で囲む
AVERAGE関数で代替
※エラーの場合は「AVERAGE関数」を出す関数で代替しました
=IFERROR(VLOOKUP(),AVERAGE())
これで完成!
IFERROR関数イメージ

まとめ

IFERROR関数はエラーを防ぐ関数です

ぜひ設定してみましょう

また同様の機能は「IF関数」でも実装できますのでご覧ください

【エクセル】IF関数|条件によって値を変える方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。