( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

エクセルで空白をカウントする関数をご紹介|COUNTBLANK関数

エクセルで空白をカウントするには?

エクセルで空白をカウントするには「COUNTBLANK関数」を使います

COUNTBLANK関数は「BLANK(空白)」を「COUNT(数える)」という意味です

カウントブランク関数と呼びます

定義はそのまま「空白のセルを数える」という関数です

COUNTBLANK関数イメージ

誰かにエクセルを記入してもらう時など

どのくらいまだデータが集まっていないか」を把握することができます

COUNTBLANK関数の設定方法

=COUNTBLANK(範囲)

非常に簡単な関数です

()カッコの中に「範囲」を入れるだけで

その中にある「空白」のセルをカウントします

※範囲の中には「」ではなく「セル」を入れましょう

COUNTBLANK関数結果

COUNT関数の派生

COUNT関数はたくさんあり、COUNTBLANK関数もその一つ

ぜひ他の関数も使ってみてください

▼ COUNT関数(数値を数える)

▼ COUNTA関数(すべてのセルを数える)

エクセルで空白以外のセルをカウントする方法|COUNT’A’関数

▼ COUNTIF関数(条件を付けて数える)

【エクセル】COUNTIF関数|条件を付けてカウントする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。