( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【Python】headとtail|一部のデータを抽出してみる

事前準備

Pandas」というデータ解析を実施できるライブラリをインポートします 

import pandas as pd

headは先頭、tailは末尾のデータを取ってくる

犬のイラストでheadとtail

head()はその名の通りデータの先頭(最初)の5行が抽出されて、テーブルとして可視化されます

また tail()も英語の「尾」と同じ意味で、データの末尾(最後)の行が抽出されます

head()データ処理分析を実施するとき、1番と言っていいほど利用する機能です

sample = pd.read_excel('サンプル.xlxs')
sample.head()
  • read_excel()でエクセルを読み、sampleという変数として格納
  • head()でsampleに入っているデータの最初の行を抽出
サンプルデータの可視化

初心者は毎回使おう!

Pythonでは変数の入力や集計をしても、アウトプットがすぐに見えません

初心者にとってこれほど「不安」なことはありません

何をしているか”分からない”

特にエクセルに慣れている方は、「コード」しか見えない状況に混乱してしまう可能性があります

ここで止まってしまう人が多いので、データ処理を行うたびに、head()を使って可視化することをお勧めします

集計処理のたびにデータを抽出する

headを多用した分析のサンプル

head()のパラメータ

sample.head()

基本的には()カッコの中には、何も入れなくても大丈夫です

デフォルトでは「上から5行」が取得され、可視化されます

()カッコの中に数字を入れれば、その分の行が抽出されます

.head():(上から5行を抽出)

.head(3):(上から3行を抽出)

.head(100):(上から100行を抽出)

.head(-5):(下から5行目以外を全て抽出)

sample.head(3)
サンプルデータをhead(3)で可視化

tail()のパラメータ

sample.tail()

head()と同じで、()カッコの中にい何も入れないと下から5行が抽出されます

.tail():(下から5行を抽出)

.tail(3):(下から3行を抽出)

.tail(100):(下から100行を抽出)

.tail(-5):(上から5行目以外を全て抽出)

sample.tail(3)
サンプルデータをtail(3)で可視化

まとめ

今回はPythonでの基本操作であるhead()tail()をご紹介してきました

初心者の方は、迷子になったらすぐにデータを可視化する癖をつけておきましょう

またランダムにデータを抽出したい場合はsample()を使いましょう

【Python】sample|ランダムにデータを抽出する
お気に入り登録お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。