( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

【Python】len|データ数を数える方法

※サンプルデータ:学校のテストの点数

学校のイメージ
student_data.head()
学校のテストデータのイメージ

len()でデータの量を数える

Pythonでデータ量を数えるにはlen()を使います

DataFrameを()カッコの中に入れることで、その行数を返します

len(student_data)

500

MEMO

注意点としてはすべてのデータが出るわけではなく、行数(レコード)が抽出されるので注意しましょう

データ数を変数として格納する

len()は単にデータ量を確認するだけではなく、変数として格納することができます

student_data(テストの点数)」をlen()で数えたものを

total_number」という変数に入れます

total_number = len(student_data)

もちろん「total_number」を出してみると、総数である500が抽出されます

そして「数値」として格納されるため、そのまま計算に使うこともできます

100 / total_number

0.2


応用編として「性別」ごとのデータを抽出して、全体(total_number)で割りましょう

全体に対する「男性・女性の人数の割合」を抽出してみます

まずは性別ごとの個数をvalue_counts()を使って抽出します

【Python】value_counts|特定列の要素の出現回数を調べる
student_data['性別'].value_counts()
school_data['性別'].value_counts()の結果

続いて、その結果に対して先ほど変数として格納した「total_number」で割ります

student_data['性別'].value_counts() / total_number
school_data['性別'].value_counts() / total_numberの結果

ご覧の通り「割合」として男性・女性の差分が分かります

student_data['性別'].value_counts() / total_number
student_data['性別'].value_counts() / len(student_data) #こちらでもOK

カラム数を数える

len()のデフォルトの仕様では「行数」を抽出しますが、「列数」を抽出することもできます

columnsカラム名を抽出して、そこから個数を数えます

まずはカラム名だけをcolumnsで抽出します

student_data.columns

そしてlen()を使い項目数を数えましょう

len(student_data.columns)

9

まとめ

今回はデータ数を数えるlen()をご紹介してきました

非常にベーシックな機能なので、しっかり覚えて何も見ずに使えるようにしてみてください

お気に入り登録お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。