( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

足し算・引き算の仕方|エクセル入門編

エクセルで「足し算」をする方法

エクセルで足し算をするにはずばり「+」プラスの記号を使います

キーボードでは【Shift】を押しながら、【れ】を押します

キーボードイメージ

1+1

1+2+3

1+2+3+4+5+6+7+8+9+10

このように「+」を繋げて書いていくこともできます

「足し算」の書き方

エクセルでは「1+1」と記述しても、「単なる文字」として扱われてしまいます

エクセルでは「計算を始めますよ!」の合図として「=」イコールを使います

「=」イコールは【Shift】を押しながら【ほ】を押します

キーボードイメージ
足し算のイメージ

セルを参照する方法

エクセルで足し算を使う本質は、「セルを参照」しての計算になります

セルを指定することで、その中身が変わっても自動的に足し算を更新してくれます

足し算のイメージ

「=」イコールから初めて、セルを指定します

アルファベット&数値を記載しても、セルをクリックしても大丈夫です

計算機として使う方法

上記の例のように「=」から初めて、数値と「+」を組み合わせることで

足し算を電卓なしで実施することができます

足し算のイメージ

エクセルで「引き算」をする方法

引き算では「ー」マイナス記号を使います

キーボードでは【ほ】を押します

※【Shift】を押しながら【ほ】を押してしまうと「=」イコールになるので注意

キーボードイメージ

1-1

3-2-1

3+(2-1)

「引き算」の書き方

足し算と同じように「=」イコールから書き始めます

引き算のイメージ

セルを参照する方法

引き算も当然、セルを指定することができます

引き算のイメージ

足し算・引き算の注意点

「+」「ー」は算数と同様に掛け算・割り算が先行で処理されます

四則演算を組み合わせる時は注意しましょう

処理を優先させるためには()カッコを使うことができます

【Shift】を押しながら【ゆ】【よ】を押すことで、()カッコを記入できます

キーボードイメージ
割り算との組み合わせ

まとめ

今回は「足し算」と「引き算」をご紹介してきました

「+」と「ー」はイメージしやすいと思います

一方で「掛け算」と「割り算」は、「×」や「÷」ではありません

こちらの記事もご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。