( New ) 新連載スタート!2人の会話形式でPythonを学ぶ「週末Pythonゆる講座」はこちら ▶▶

SQLが分かるたった5つのキーワード|コードなしで説明してみます

そもそもSQLとは?

SQLとは Structured Query Language の略で、データベースから欲しいデータを抽出する手法のことです

非常に簡単な例ですが、学校のテストのデータベースから各クラスごとの平均点を抽出するというのもSQLで実施できます

SQLでデータベースから情報を取得するイメージ

データ分析やAIの活用に必要な技術ですが、非常にシンプルな記述のみで構成されるため、文系でも学習する方が多い言語です

そんなSQLをたった5つのキーワードで説明しようというのが今回の企画です

特に初心者向けのため、下記のようなコードは今回は説明しません

SELECT user_name, sum(distinct date) as purchase_fq
FROM database.sample_data
WHERE price > 3000 and member_flag = 1
GROUP BY user_nam
ORDER BY purchase_fq desc

SQLを理解する5つのキーワード

たった5つのキーワードでSQLをご説明します

複雑なSQLでも実はこの5つのキーワードで、十分なほど理解ができます

その5つのキーワードがこちら↓

SQLの5つのキーワード

SELECTFROMWHEREGROUP BYORDER BYという5つの英語とSQLの意味を記載しています

英単語の意味とは異なる場合があるのでそこだけ注意してください

例えばSELECTは英単語でも「選ぶ・セレクトする」という意味がありますが、

WHEREは「どこ」という意味の疑問詞が一般的な意味で理解していると思います

SQLでは「条件」を意味する英単語として扱います

5つのキーワードでデータ抽出を試してみる

通常SQLはデータベースに対して処理を実施するため、慣れないと理解が難しくなります

理想は下記のイメージですが、数値や表では分かりにくい

SQLでデータベースから情報を取得する方法

そこで今回は「SQL」という概念を、なるべく理解しやすいように「イメージのみ」でお伝えします

実際のSQLとは少し違いますが、5つのキーワードごとに説明します

SQLの仕様上、順番が前後します

FROM(場所を指定する)

SQLのFROM句

まずは場所(データベース)を指定します

図では5つの場所から1つの場所(緑)を指定しています

SQLのFROM句のイメージ

② WHERE(条件を付ける)

SQLのWHERE句

続いて条件を設定しましょう

先ほど指定した場所(データベース)の中でも、条件を付けてエリアを絞り込んでいます

SQLのWHERE句のイメージ

GROUP BY(まとめる)

SQLのGROUP BY

絞り込んだエリアの中から、データを表す「○」を3つのグループにまとめます

SQLのGROUP BYのイメージ

SELECT(選び出す)

SQLのSELECT

まとめた後はそれを選び出します

図では「○」をそのまま選び出しました

SQLのSELECTのイメージ

ORDER BY(並べる)

SQLのORDER BY

そして3つに分けたグループをきれいに並び替えます

SQLのORDER BYのイメージ

SQLは実行順が決まっているため、FROMから説明を始めました

まとめ

今回は単体のデータベース(場所)から単純にデータを取り出すイメージをご紹介しました

実際は複数のデータベースを組み合わせたり、条件を複雑にかけたりすることが多くなります

次のステップではぜひコードを覚えて使ってみてください

【SQL】基本的な検索テクニック|この3つだけ分かれば大丈夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。